常歩打突の基礎
 それでは、常歩(なみあし)打突の基礎を習得しましょう。「すり足」または「常歩歩行」で歩きながら正面打ちを繰り返します。歩きながらの面打ちは、どのよう打たれるでしょうか?。

 
 多くの方は左の写真のように左足を振り出すときに竹刀を振り上げ、右足を振り出すときに振り下ろします。その方が打ちやすいからです。
 


 なぜ、打ちやすいのでしょうか。それは、足と同側の腰が同方向に動く、中心軸の腰の動きをしているからです。



 しかしながら、常歩(なみあし)の特徴である、右足が出るときに左腰がでる歩き方がみについてきますと、右足前進で振り上げ、左足前進で振り下ろす方が自然になってきます。



 この腰の動きと、打突の関係は十分理解する必要があります。全ての打突の基礎はこの動きに集約されると言ってもいいと思います。



 この連続正面打ちを何度も稽古されることをおすすめします。そのことによって、常歩に必要な竹刀と身体の動きが身につきます。