常歩(なみあし)理論による剣道とは

  このコーナーでは、「常歩(なみあし)」(「二軸動作」)による剣道の概略を述べてみます。

 まず、「二軸動作」についておおよその理解が必要ですので、「常歩(なみあし)秘宝館」をご一読ください。

 私達が一般的に実践している剣道は、「中心軸感覚」の動きといえるのです。この「中心軸感覚」の動きは剣道のあらゆる場面に見られますが、ここでは打突動作について説明しましょう。現代剣道の教えの中でよく言われるものに「左足の引き付け」ということがあります。打突後にすばやく左足を右足の後ろに引き付けよという教えです。
 確かにそのとおりなのですが、このことが頻繁に言われるということは、現在の打突動作では左足の引き付けが非常に難しい技術であり、それを意識しないと引き付けがうまくいかないことを物語っています。

 何故かを説明しましょう。現代剣道の構えは、ご承知のとおり右足前、左足後ろで構えます。そして、右足と左足を平行に踏み、打突では左足で蹴って(多少上達すれば左足全体で腰を押す)始動します。私達は、意識するしないにかかわらず体に中心軸を感じていますから、その軸を左足で押し出すことによって動きを始めようとするわけです。

 この場合、右足が出て行くときには右腰がでていくように骨盤が回転するのです。上から見ると骨盤が反時計回りに回転することになります。言い方をかえれば、左腰が後方へ残るように動くのです。この状態から左足を引き付けようとすれば残った左腰に反して意識的に左脚を前方に送り込まなければなりません。または後方に残った左腰を意識的に前方に切り返さなければならないわけです。

 そのために、剣道の教えでは右足が出て行くときに、左腰を出すように打てという教えがあります。かなり、上級の教えです。森田先生の「腰と丹田で行う剣道」でも打突の初動で左腰を出すことを提唱されています。しかし、これらの教えも、それを意識しなければならず、非常に習得が困難であるといえます。

 これらの根本原因は何にあるかというと、私達の歩き方にあるのです。常歩研究会では様々な走歩行を考察してきましたが、現代人と以前(江戸末期頃までと考えられます)の日本人では、、根本的に歩き方が異なるのです。その歩き方が、常歩(なみあし)歩行です。「なんば」ということを良く言いますが、「なんば」は四肢の動きだけで解釈される場合が多く、歩き方の本質を知ることができません。

 常歩(なみあし)歩行では、現代人の歩きとは骨盤回転の方向と時期が異なるのです。簡単に説明しますと、現代人の歩き方は、左右の脚の動きと左右の腰の動きがほぼ一致しています。しかし、常歩(なみあし)歩行では出て行く脚に対して反対側の腰が途中で前方に動き出します。多少乱暴に言えば、脚の動きと骨盤の動く方向が逆になるのです。
 これによって何が起こるかというと、後方の足が前方に振り出されることになります。これは、骨盤の前方への動きにより脚が振り込まれることにもよりますが、さらに腸腰筋の働きによるのです。腸腰筋が引き伸ばされることにより、その後の自然な収縮(伸張反射)によりほとんど意識せずに脚が切り返されます(ターンオーバー)。

 さらに、この骨盤の動きを可能にするのは股関節の操作なのです。股関節を動きの支点とし、その外旋力を利用することによって意識せずにそれが可能となります。

 常歩(なみあし)理論による剣道では、現在のように足、膝関節の伸展をほとんど使いません。左脚で蹴ることによって打突することはしません。左右の股関節の操作によって合理的な体の運用が可能になります。

 この剣道を実践しますと、体感覚の心地よさと現代剣道にはない様々な体捌きが出現します。徐々に、その理論と方法をご紹介しますので、興味のある方は参考にしていただければ幸いです。