常歩(なみあし)の基礎


 剣道の基礎・基本というと、構えや足さばき・素振りなどをイメージされる方がほとんどのようです。常歩(なみあし)の剣道に興味を持たれる方々も、ほとんど特に足捌きを真似されようとします。
     
 しかし、私が今の剣道を身につける過程で、最も時間を割いたのは構えや足さばきなどの、一般に剣道の基本とされている稽古ではありません。その土台となるものです。これは心身の状態です。ここでは、常歩(なみあし)を身につけるための身体の基礎とその稽古方法を紹介したい思います。

 立ち方・体幹・股関節・肩甲骨の4項目に分けてみました。この分け方も便宜上のものであって、それぞれは密接に関連しあっています。

 これらの要素は、剣道だけでなく二軸動作を身につけようとされる方々に共通した基礎となるものだと思います。ご参考にしていただければ幸いです。